コンクリート改質剤 セラグシタール


コンクリート強度を自然な形で維持し、美感、建造物寿命を伸ばします。



   質の悪いコンクリート、経年劣化した


  コンクリートを、改質、高密度化して再


  生します。





   質の良いコンクリートは更に耐久年数、


  美感を増し、汚れの着きにくいコンクリー


  トにします。



  
    その効果は不溶性コロイドによる安定


   した反応の為、理論的には半永久の効果です。


     コンクリート建造物をより強く、より耐久


   性のある財産にします。

















■ セラグシタールの優れた特性                                                                                1、耐久性(強度、防塵)
   セラグシタールを塗布施工すると、コンクリート内部に不溶性結晶体を形成するため、防水性の向   上及びコンクリートの表面強度の増大が計られ、耐摩耗性が強化されます。 また、空隙部が無孔質に   改善される為、凍結融解の抵抗性も向上防水効果は発揮され続けます。 特に、酸性雨においてコンク   リートの中性化などの劣化がおきますが、セラグシタールの未反応部分がこれらを取り込み不溶性部分   を形成するため酸性雨にたいして顕著な効果を発揮します。 2、中性化/劣化防止
    コンクリートのアルカリ成分は空気中の炭酸ガス等との作用により絶えず侵出し続けています。この    中性化現象の要因である水、炭酸ガス酸性化ガス等の侵入を、セラグシタールとの反応で形成された改    質層が防ぎ、しかもラグシタールのもつ強アルカリで再生させる効果もあります。 3、耐候性の向上/凍結融解の防止
    耐侯性が向上し紫外線による劣化を抑制します。また、水分の浸透を防止して、凍結/融解のサイクルによって    発生するクラックを防止します。また、カビの発生も防がれます。 4、外観の向上
    改質反応によって来個体化した珪酸カルシウム及びコロイド珪酸が充填される為、材料の表面がシールされ外観    が良くなります。 5、耐薬品性(化学的抵抗性)の向上
   以下の耐薬品性(化学的抵抗性)があらわれる。   A) 各種炭化水素及び置換炭化水素類(例 ハロゲン化炭化水素類 アルデヒド・ケトン類、アルコール類、     アミン類 界面活性剤、脂肪酸等)   B) 各種油類(例 自動車用、機械用、食用等)   C) その他、塩類水溶液(海水)、不凍液等)  ■セラグシタールの改質方法:     1、表面から充填材を含浸させるのではなく多孔質空隙内部に析出させる方法をとっている。常温領域においても完全      不溶性の珪酸塩およびコロイド珪酸を石造材料の中に析出させやがて孔を充填無孔化する。     2、イオン置換反応により硬化したセラグシタールは完全不溶性で紫外線劣化による加水分解はおきない。     3、珪酸ソーダやNa2SiO3に比べて吸湿しにくく白華現象が起こりにくい。                                                                                  

   お問い合わせ: 東海電子熱錬(株)
           担当: 林 正晃
Send E-mail
            〒455 名古屋市 港区 油屋町 1ー13
                Tel:(052)-381-9615  Fax:(052)-382-8197